不安を減らすために有効

案内する人

不動産投資をするときには賃貸保証会社を利用するかどうかを最初の段階で判断しておく必要があります。家賃保証会社を使うメリットは不動産投資をするときに投下したお金を取り返したり、組んだローンの返済をしたりすることに対する不安を減らせることです。不動産投資では賃貸経営を黒字にしてローンを返済していくことが必要になり、もしローンを自分の貯金から返さなければならないような状況に陥ったらやめることも考えなければなりません。その状況にならないようにするには家賃を確実に徴収できる体制を整えることが重要になります。入居者はいるけれど家賃を払ってくれないというときに賃貸保証会社と契約していれば家賃を立て替えてくれるので安心なのです。

費用はどのくらいかかるのか

real estate

家賃を払ってくれない入居者がいるときに立て替えたうえに家賃徴収もしてくれるのが賃貸保証会社の特徴で、そのサービスを受けるには費用がかかります。契約にかかる費用は賃貸保証会社ごとに異なることに加え、受けられるサービスの内容を選ぶことで変わるのが一般的です。ただ、基本的には家賃収入に対して一定の割合として定められていて、20%から50%くらいが相場になっています。一般的には賃貸保証会社は家賃の立て替えをするプランだけでなく、サブリース契約によって空室の有無にかかわらず一定の金額の収入を保証してくれるプランも提供しています。その場合には想定される最大家賃収入の50%くらいの費用がかかることもあるのが実態です。

評判を加味して選ぼう

住宅模型とお金

賃貸保証会社は不動産投資の不安の一つとして大きい収入の安定性を保証してくれるサービスを提供していることから人気があります。ただ、評判を加味して選ぶことは重要で、以前はあまり適切なサービスをしてくれないために空室が目立つ物件になってしまうという事例もありました。例えば、家賃の立て替えはしてくれるけれど、その後の入居者への取り立てが厳しくて退去してしまうというケースがあります。確かに滞納している入居者にはある程度の厳しさを持って対応しないと支払いに応じてくれないことが多いでしょう。しかし、オーナーにとっては顧客の1人なので大切に扱ってもらい、長くきちんと支払いをしながら住んでもらいたいと考えるのがもっともなことです。その点を理解して滞納をしている入居者にも丁寧に対応してくれる賃貸保証会社には高い人気があるので、依頼するときにはよく評判を比較して検討するようにしましょう。

広告募集中